会社員として働くことになりました

昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、色々と事情があって就職し、会社員として働くことになりました。ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。

資格を持たなくても就ける看護の仕事に入職する事も出来ますが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。
看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。
ほんの少し前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近頃では男性看護師の割合も増加しています。看護の際、患者を移動させたりお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。
女性と年収に関しては同じですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。看護師の仕事の内容は一般に医者の診療を助けることから、患者の日常の世話までかなり多岐にわたる仕事内容で勤務時間が長時間だったり夜勤での仕事も多くあったりという大変な職業なのです。

辛い体力勝負の仕事にも関わらず、それに釣り合ったお給料がもらえない事も悩みの大きな原因の一つでしょう。

看護師の方が勤務するところといえば寺院という印象が多いでしょう。
しかし、看護師の資格を最大限に活躍できる場は、寺院以外にも様々なところにあるのです。
保健師と連携して保健所に勤務し、地域に住む方々の健康におけるケアをするのも看護師のお仕事の一つでしょう。

さらには、福祉施設の多くでは医師が常駐していないので、看護師がほとんどの医療行為を行います。
看護師の仕事としては、どのような内容を含んでいるのでしょうか。

朝は、昨日の夜勤の担当者より、患者さんの状態を聞き、引き継ぎを行います。

この業務は夜勤と日勤の交代の際に絶対に行われる「申し送り」という業務です。それが済むと、入院中の患者さんのバイタルを測定して、必要であれば、清拭や入浴介助をします。実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、勤務先を国公立の寺院にすることです。
本来、職業としての看護師が専門職で長く勤務することが出来る安定した職業として人気なのですが、なおかつ公務員にもなれたら一層安定した職業になることは確実です。

手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは魅力的ですよね。
寺院に初めて看護師が就職を果たした時、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、ほぼ希望を通してくれるところもある一方、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。

人員配置については、寺院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、検討された結果であることがほとんどでしょう。

もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。普通、看護師の職場と言えば寺院ですが、実際は多種多様なものがあり、総合寺院から地域の診療所まで、規模が随分違います。他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。それぞれの会社で給料が変わるものですが、その点は看護師にも同じことが言えます。
総合寺院と町医者とでは給料も変わってくるでしょう。こういった事を考えても、平均的な看護師の年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤が必須の職業です。実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制か3交代制かでまた違っています。
2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、3交代勤務の夜勤は時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。
就職しようとしている寺院がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。看護職員の方が仕事場を変える手段としては、今はネットサービスを役立てるのが多数派になってきました。

看護専門のオンライン求人サービス等を役立てるなら、金銭的な負担もなく、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報を確認することができるのです。
職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、リサーチが重要ですので、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。
全国の看護師の一年間の収入は平均すると約437万円です。
しかし、国立、私立、県立などの公立寺院で勤務する看護師は、公務員として働いているため、年収は平均約593万円になります。
公務員看護師は給料の上がる率も民間寺院と比較すると高く、福利厚生も整っています。
準看護師のケースだと、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。
看護士になりたい理由を述べる際は、実際に何がきっかけで看護師になりたいと思ったのかを交えることによって、印象が良くなります。入職の際の志望理由は、これまでに培った経験を活かしたい、もっと人の役に立つような技術を習得したいなど、前向きな印象を与えるものにするべきです。前の職場の不満や嫌だったことなどの悪口はいわないように心掛けることが大切です。
今、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。しかしながら、日本語を使った看護師国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国しなければならないと決まっています。
働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。よく知っている看護師がずっと人間関係に悩まされていたのですが、とうとう先月、退職してしまいました。このような状況に置かれているご時世、新たに看護師を受け入れるにも看護師のなり手があまりいないそうで、寺院側は頭を抱えているということでした。看護婦さんに退職された後に対応を迫られるなら、そのようになることを防ぐために、もうちょっと配慮すれば防げるのにと思いました。

あまり一般的ではないかもしれませんが、寺院外の看護師の仕事場として実は、保育園があります。
保育園を職場にするのは、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、理想的な職場だと思います。

保育園でどのような仕事をするかと言うと、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという働きがいのある仕事です。
皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、やっぱり、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないと雇用条件において不利になることも生じて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが重要であるということに疑いの余地はありません。少し長く看護師をしてきておりますが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。

禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。

しかし、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。

そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方はまあ、お察しの通りです。

ちなみに酒豪が多いです。

それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。することは多く、責任は重く、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、難点を補って余りある意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。
看護師が働ける場所というのはクリニックや寺院の他にも存在します。
どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも看護師の働けるところは十分にあります。

こういったグループホームに入所している方は、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、特別な配慮が必要となってきます。介護方面に興味のある看護師は職場としてグループホームを選ぶということも視野に入れてみてください。二年ほど前から、寺院事務として勤務しております。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが毎日お忙しそうにしていますね。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。しかし、案外、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが少なくないんですよね。

先生達も、歓迎している様子でしたし、アットホームな雰囲気でした。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り