仕事をやめようか続けようかで迷っている

私の友達に看護師がいるのですが仕事をやめようか続けようかで迷っていると相談がありました。

彼女はちょっと前に結婚したのですが休日出勤があって、土日休みの夫と休日が合わず、一緒にいられない生活が続いてるみたいです。
子供も作りたいし、でも、今の仕事は続けていきたいと考え込んでいました。
看護師の働く場所といえば、寺院という印象が思いつくのが多いでしょう。
しかし、看護師という資格を活かすことのできる場は、寺院を除いても多数存在しているのです。保健師と連携して保健所に勤務し、周辺地域の住民の健康に対するケアを行うことも看護師が出来ることです。
また、福祉施設には医師が日頃から存在することは少ないので、大半の医療行為を行うのは看護師なのです。昔から、看護師は比較的高給のイメージがあります。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な仕事ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて安定して高給だということが目立ちます。

安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。

このような高給で安定した職場という面では看護師を選ばない理由はないでしょう。

さらに上を目指したい看護師が自分の看護の技術をますます磨き上げたり、医療経験を積み、能力の向上をするにはそれ相応のノウハウがあります。
働いている寺院から技術の向上を図れる他の寺院とか医療施設などにトラバーユするのも選択肢の1つです。
それに、最先端技術、より幅広い知識を体得するために看護に関わる資格の勉強をするのもスキルをアップさせる手段です。

日本の看護師の給料は平均すると437万円ぐらいです。
だが、国、市、県立などの公立寺院で働いている看護師は、公務員として働いているため、年収は平均593万円ぐらいになります。

公務員看護師は給料のアップルする率も民間寺院よりも高く、福利厚生もしっかりしています。
準看護師の場合、看護師と比較して平均年収が70万円ぐらい低いです。ちょっと前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、ここ数年の間にだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師の存在は有難がられることも多いです。

お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。

看護師の方が職変えをする際に具体的に、自分が望む職場の条件が全く想像できない場合もあるでしょう。

そのような場合は、求人情報の数が多い看護師のための入職サイトを利用した場合が、自分に合った入職先を発見することができます。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。
初任給で考えても、同世代の新入社員と比較して高めだといえるでしょう。
ただし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんに貢献していかなければなりません。
どんな仕事でも、業界用語があるものです。
仕事をスムーズに進めるためとかの訳でいろいろな業界用語が使用されています。看護を職とする方でも同様に業界用語が利用されています。

例を挙げると、心マは心臓マッサージ、ギネは婦人科、胸部の癌はマンマ、寺院に泊り込みで治療をされる場合はアドミッションなど、多くのその仕事でしか通じない言葉を使用して業務を進めています。以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、最近ではこれを行っている寺院は多いです。

看護師個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測定し、評価をつけられるよう、指標をはじめから作っていったところもあります。
この評価は、寺院により月一のこともあれば、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、看護師としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。

病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は絶対に夜勤が必要になる職業です。

夜勤の時間帯については、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。一方の3交代勤務では勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。

応募する寺院がどういった交代勤務を採用しているのか早めに調べた上で検討することをおススメします。業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。
例えば、「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを働いている他の人にわかってもらう目的で普段から使用されているようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。

医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、その影響です。何であれ現在に至っても普通に使用されているようです。

以前は男性の看護士に制限して、士という漢字を使用していました。
けれども、現在は男の場合でも女の場合でも、看護師という職業に従事している人であれば、師という漢字を使用するようになっています。

看護師、看護士を同時に使用していると、あやふやで分かりにくくなるので、統一されたと思われます。

看護師が入職する時には履歴書をきちんと準備する必要があるでしょう。書くときに、重要なポイントが存在します。まず、写真は過去三ヶ月以内に撮った古くない写真を使用しましょう。

それと、住所や氏名などはきちんと正確にきれいな字でわかりやすく慎重に書くことが肝心なこととなります。看護師になるための手段として、主に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。

他方、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。

高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。一般的なほかの職業とは違って、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。
ただ、本業の医療機関において副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。

そして、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。

将来、仕事を選ぶとき、ああいう風になりたいと考えたことが端緒となりそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。
大変なこともあるのですが、おおむね満足した日々を過ごしています。キャリアアップを考えて入職を検討する看護師も少なくないです。

能力を磨いておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。

職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に合う職場を探すのは大事なことです。

内科の外来が合うと感じる人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、自ら進んで入職していくのもアリですね。

看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志願の根拠です。

どういう理由でその勤務先を希望しているのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそう単純なものではありません。

高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが採用条件で選んだと見られるよりは、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、前向きな理由付けの方が好まれ、パスしやすくなるでしょう。

看護師の資格のために受ける国家試験は、1年に1度行われます。

看護師が不足していることが問題となっている日本にとり、喜ばしいことに、ここ数年、看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保っています。看護師の国家試験は、大学入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のレベルをクリアできればパスが可能な試験です。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り